ストレートネック

かなり強い凝り、だるさ、シビレなど、マッサージをしてもその場だけで根本的に良くなった感じがしない。
病院の検査でも特に異常はないなど原因はよく分からない。
私の経験からでは、このような方はストレートネックの状態になっていることが多いです。

病院でも特別な異常はないがレントゲン画像を診て、「強いて言えば首がまっすぐだね」と言われた、という患者様も当院では少なくありません。
一部の方ですが、背骨はS字カーブしていることを知らず、まっすぐと言われた事が正常との意味合いだと勘違いする場合もあるようです。

ストレートネックは、もともとは前にカーブしているはずの頚椎が、長時間のデスクワークなどの前屈みの姿勢が多いことによって、首が文字通り「まっすぐ」になった状態をいいます。

初期症状は身体がバランスをとるために首の後側の筋肉の凝りですが、慢性化が続くと猫背になったり、背中~腰の部分のカーブもなくなり、最終的に背骨全体がまっすぐになって背中全部の凝りになります。
その他の不快症状としては、倦怠感、頭痛、吐き気、腕や手の痛みやしびれ、めまいなど。

背骨がまっすぐになると筋肉バランスが崩れるだけでなく自律神経の失調に繋がるので、血液循環やホルモン分泌なども悪くなり、凝りだけでなく原因不明の倦怠感になっているのです。