姿勢は左右だけでなく前後を重要視しています。

傾いていた肩の高さが左右同じに高さになっても、痛みやコリが消えないことがよくあります。
これは背骨は側面から見るとS字カーブになっていますが、肩こり・腰痛持ちの方は大抵S字カーブがなくなって直線に近くなっています。この前後のカーブをつけることが慢性的な症状の改善につながります。
背骨と自律神経は密接な関係にあり、姿勢が良くなると自律神経も正常になり、筋肉の痛みやコリだけでなり内蔵機能低下、その他諸々の不調にも働きかけます。